一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

  • 学習の成果を出すために、夏の間にしておきたいこと

「受験なんてまだまだ先の話……」と思われるかもしれませんが、「光陰(こういん)矢(や)の如(ごと)し」です。学校が始まると今までの分を取り戻すかのように学校行事も多く組まれるかと思います。気が付けば、夏が終わってしまった……。そうならないためにもこの時期の準備は非常に大切です。「夏を制する者は受験を制す」、有意義に夏を過ごすためのアドバイスを2点ご紹介します。

受験勉強の第一歩は復習から!

まとまった時間のあるこの時期だからこそ、じっくりと復習に取り組むことができます。しかし、無計画で臨んでは効果が半減してしまいます。そこで今までのテスト結果から、得意科目と苦手科目、得意単元と苦手単元を自分なりに分析し、書き出してみましょう。おのずと学習の優先順位がわかるはずです。

入試問題を確認しておこう!

今の段階では入試問題をみても解けない問題が多いでしょう。しかし、出題傾向や出題形式を知っておくだけでも、どのように学習を進めていくべきかが見えてきます。計算で確実に得点する、文法の穴埋め問題は必ず正解する、など自分にとって得点源になる箇所を分析し、そのための学習方法を先生と相談してみてください。

The following two tabs change content below.

金子 賢一郎

当教室では教室では、この理念のもと日々の学習指導を行っています。通塾する目的は生徒ひとりひとり異なりますが、ここが学力向上の場であることはもちろん人間形成の場で合ってほしいと考えています。そのため、入室前のカウンセリングをはじめ、目標や志望校に合わせて作成する個別カリキュラム、生徒に適した担当講師の選定、きめ細やかな学習相談や進路指導など、随時行っております。 生徒たちが目標や夢に向かって努力していく中で、時にはつまづくことや立ち止まることがあっても、全力でサポートし、目標達成や「夢・実現」に向けて、ともに努力し成長していける場でありたいと考えています。

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア