共同受注事業

 

 

近年では情報技術の発展により、距離による制約や、時間的な制約を受けることなく、すべての人が自由に情報を収集・発信することが可能となっております。

これに伴い、情報技術を活用することにより起業する個人事業者(フリーランス)が増加し、近年、新しい分野の事業や職種が数多く出現しております。

しかし個人事業主の多くは小規模な事業者であり、大手企業と比べ、資金力、営業力、人材等の経営資源が限られております。

そのため、行政及び民間が発注する業務の多くが、規模の大きい事業者に発注される傾向にあり、個人事業主は高い技術力を持ちながら、それを十分に活かすことができていない事業者も多くいるのが現状です。

そこで、私たち個人事業主支援協会は相互扶助の精神に基づき共同受注事業等を実施することにより、公正な経済活動の機会を確保するとともに、協会員の経済的地位の向上を図ることで業界及び地域社会の発展に寄与するものであります。

大型案件の共同受注

大型案件の共同受注