一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

  • フリーランス として初めて案件を獲得した方法

私がフリーランスとして案件を獲得した方法。

端的に言います。

それは、「イベントに参加」することでした。

私は、当時プログラミングスクールに通っていました。

プログラミングスクールではHTML/CSSの基礎やPython・Djangoを学習していましたが、それだけではフリーランス として案件を獲得することは難しいですし、最初は「就職してからフリーランスになる道しかないのかな」と思っていました。

そこでわたしは、プログラミングの学習イベントをやっている講師の人なら「フリーランスとして活躍できる良い方法を知っているかもしれない」と考え、イベントに参加しました。

そのイベント終了後、私は勇気を出して講師の方に声を掛けました。

「僕を弟子にしてください!!」

そうするとその講師の方は

「この業界は弟子とかはあまりないから無理だ。でもやる気があるならまず講師をやってみないか?」

と言いました。

私は初めは教育業より、開発の分野で携わりたかったので少し戸惑いましたが、アウトプットすることでよりプログラミングを深く知ることができるかもしれないと考え、その提案を引き受けました。

まずは講師をやるにあたっての教材作り。

その後イベントを開催するにあたっての、広告やプラットフォームでのイベント開催の準備をしました。

その教材を作成することで、プログラミングにおいて、今までは考えてこなかった部分やなんとなくで覚えていた部分を再度勉強し直すことができました。

私のプログラミングの技術が急激に成長したのは、教材作りでした。

そこで講師の方は、本業ではフリーランスWEBエンジニアをして活動していたので、

「だいぶ技術ついたし、一生懸命講師の仕事もしてくれた。そろそろ案件に入ってみようか」

と言ってくださり、私は初めてWEB開発の案件に参入することができました。

わたしがここで感じたことは、フリーランスは本業が全てではない。本業以外でも自分のキャリアに繋がる出来事はたくさんある。ということでした。

フリーランスはより視野を広く、より効率的に、より人間力が問われると感じています。

もし、周りにフリーランスになりたいという人が現れたら、私はまずその大切なことをその人に伝えていこうと思います。

The following two tabs change content below.

須ヶ間 悠輔

フリーランスWEBエンジニアをしています。

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア