絵を描きはじめたきっかけ

はじめして、イラストレーターをしている村山満里名です。

今日は私が絵を描くようになったきっかけを紹介したいと思います。

 

私が絵を描くようになったきっかけは、父親との交換日記でした。

営業マンだった父は、小さな子どもにとっては毎日遅い帰宅で

お休みの日以外はなかなか会うことができませんでした。

そんな様子を見て母が交換日記を思いつき、文章が書けない私は(当時3歳くらい)

父親への日記に沢山の絵を描いていました。

 

父や母は絵を褒めてくれて、嬉しくなった私は

当時好きだったアニメや友だち、飼っていた犬などと短い文章を添えて小学生になるまで書き続けました。

交換日記を描くのが楽しかった記憶のせいか、

少し時間が空いて紙とペンがあれば(まぁ授業中とか😉)無意識に絵を描いてしまうぐらい好きになりました。

 

 

人を描くのは昔の方が上手かったんじゃないかなと思うぐらい最近は動物を描くことが好きで

オリジナルのキャラクターを考えて、絵本やLINEスタンプも作成しました。

LINEスタンプはこらちから購入できます

 

 

⭐らいおんぷ Lionp

頭に音符がついていることがコンプレックスだったけど

コンプレックスこそ個性なんだと気づいて、素敵な音楽でみんなを幸せにするライオンの女の子。

⭐ちび子 Chibiko

小さくて元気な天真爛漫なウサギの子。

⭐銭ゲバうさえもん Zenigebausaemon

体が¥マークになっている、お金大好きなウサギさん。

 

この3匹はInstagramのイラストアカウントでよく登場するキャラクターなので

よかったら是非のぞきにきてください!

 

 

今の夢は自分でお話しを考えて描いて作り上げた絵本を子どもに読み聞かせして

笑顔になってもらうことです😊

The following two tabs change content below.

Related posts