illustrator~イラレっていったい何?メリットってあるの?~

今回は、多くのクリエイターが使用しているアドビシステムズが提供するillustratorとは何なのか?illustratorを使用するメリットはあるのか?を書いていきたいと思います。

 illustratorって一体何なの?

アドビシステムズが販売するベクターイメージ編集ソフトウェアで、ロゴや図面、イラストから広告など様々なデザインを作成することができる描画ツールソフトです。

ファイル形式

Illustratorの最大の特徴は、画像を劣化させる事なく変形、拡張・縮小の変換が可能という点です。Illustratorにおいて保存可能なファイル形式は、【.ai、.PDF、.EPS、.FXG、.SVG】の5つとなっており、その中でも標準形式が【.ai】形式です。.aiデータはillustratorの編集データ等を全て保存できるのですが、illustrator以外のグラフィックソフトでは基本開くことができないので、.ai形式でデータを送る際は念のためPDFに変換したものも併せて納品することが多いです。その為、ほとんどのDTPプログラム、グラフィックアプリケーションで読み込みや配置が可能な形式として【.EPS】形式が広く利用されています。

しかし、大体の印刷会社や出版社はillustratorを使用しているので入稿の時のデータのやりとりがAdobe社独自のPSDファイルで行うことが多いのです。その際のデータはillustratorとPhotoshopでしかひらくことができないので多くのクリエイターには必須のアプリケーションといえます。

様々な分野で活躍

また、DTP業界(DeskTopPublishing)において小冊子やチラシなどの制作ソフトとして、ISOやJISなどの規格制定機関の認定によるものではなく、市場の実勢を勝ち抜くことによって業界の事実上の標準となった規格・製品となっており、デザイナーはPhotoshopと併せて使用する事も多いです。また、プラグインを追加する事によって、CAD(自動車や住宅・服飾・建築や製図を支援するシステムソフト)や3DCG(CGのうちコンピューター上で立体空間の情報を生成して3次元の世界を投影したCG)機能などを拡張することもできる為、様々な分野のクリエイターが使用しています。

 

 

 

Illustratorを使用するメリットって何?

アートボートの使用

複数のアートボード(絵を描く際のキャンバスのようなもの)を配置することが出来、チラシや冊子などを作成する際に1つの画面に並べて表示できる為、作業がし易く、より正確な作品を作り上げることが事ができる。

 

 

劣化しない画像

拡大・縮小しても劣化しないベクターデータの為、ロゴやアイコンを作成しやすく、データのやりとりをした後も簡単に修正ができ、様々なデバイスに対応可能。

↓拡大↓

どんなにズームしても昔のゲームのようなギザギザな画像になりません!!

 

デファクト・スタンダード(de facto standard)

印刷物からwebへの作業がスムーズに行うことができる。

9スライス機能

9スライス機能を使用するとオブジェクトの拡張・縮小を行う際に四隅の形状を保ったまま伸縮することができる。

 

テキストエリア

テキストエリアに指定したオブジェクトに対して、テキストに合わせてエリアをフィットさせたりすることができる。

 

 

おわりに

Illustratorの勉強を独学で学び始めた当初は、「なんでみんなillustratorを使っているんだろう?」

というところからはじまりました・・・(笑)

独学なので、インターネットや様々な本を読みながら徐々に理解して、実際にillustratorで作品をつくっていくうちに

使い勝手の良さと綺麗なグラフィックにみんながillustratorを使う理由がわかりました。

使いこなせるようになるまでは難しいな~無理だよ~と思ってしまうこともあるかもしれませんが、

それはみんな一緒です!私もむり~~となりました(今もなります)なので諦めずに色々な作品作りにトライしてみましょう(*^O^*)

 

 

The following two tabs change content below.

Related posts