小規模企業共済の注意事項いろいろ

個人事業主も入れる小規模企業共済。

利回りは決して良いとは言えないけれど

掛け金が所得から控除され(その分、所得税などが少なくなる)

給付を受ける頃には、退職金相当の控除を受けられるといったメリットも。

 

ただし、いくつか注意することも必要

 

常時雇用している人に制限あり…現実問題として、専従者を20人とか、いや5人も雇っている人ってまずいないような。

 

加入できても、引き落とされるのは2か月後

11月に加入すると引き落とされるのは翌1月から。したがって所得圧縮で使うときには要注意。

 

引き落としには、いわゆるネット銀行が使えない。

 

 

The following two tabs change content below.

Related posts