なぜ、自分は「フリーランス✖️リモートワーク」のエンジニアとして働きたいのか?を改めて書き出してみました。

あまり整理する機会がなかったので、なぜ、自分は「フリーランス✖️リモートワーク」のエンジニアとして働きたいのか?を改めて書き出してみました。

 

⬛️フリーランスエンジニアになると実現しそうな事

  1. 就業規則等に縛られてなくて済む
  2. 勤務時間に縛られず成果物で判断してもらえる
  3. 実力があれば好きな案件を渡り歩ける
  4. 実力があれば新しい経験を途切れずに経験し続けられる
  5. 案件毎に単金交渉ができる
  6. 単金が上がった場合、即時、給料に反映される
  7. 新しい案件や事業に挑戦する時に、誰かの許可を取らずに気軽に挑戦する事ができる
  8. 助成金などの国のサポートが受けられる
  9. 税金のコントロールがし易い

 

⬛️フリーランスエンジニアになると失いそうな事

  1. 社会的信用が低いと感じる人が多い気がする
  2. 開業初期段階以外は高実績または好実績を積まないと融資が降り辛いらしい

 

⬛️リモートワークエンジニアになると実現しそうな事

  1. 毎日違う場所で働ける
  2. 旅行に行きながら働ける
  3. 満員電車に乗らなくて済む
  4. 家族と過ごしながら仕事ができる
  5. メインの仕事の息抜きで複業が回せる(自社やお客様先での勤務だと人目が気になって難しい場合が多い)
  6. 成果物さえ納期に間に合えば、途中で息抜きやお休みを取り過ぎても怒られない

 

⬛️リモートワークエンジニアになると失いそうな事

  1. 現場レベルの最新情報がタイムリーに入って来なさそう
  2. 呑みに誘ってもらえる機会が減りそう

 

こんな感じかなぁ。

頭の中でモヤモヤと考えていただけだったので、改めて書き出すと、自分は、選択の自由を最大化したいんやなぁ。と感じました。

The following two tabs change content below.
Javaエンジニア→フリーランス→Java上流工程→Railsエンジニアという流れでステップアップして参りました。 これでもエンジニア歴8ヵ月(2019年11月時点)です 笑 激動の変革を遂げていますので、もっともっとワクワクできる案件にチャレンジしていきたいです。 宜しくお願い致します!!!

Related posts