終身雇用の崩壊(後編)

皆さん、こんにちは
大森です。

今回は前回の続きで『終身雇用の崩壊』についてお話します。
前回、「グローバル化と急速な技術革新により、日本的雇用の前提は崩れ始めている?」
とお話しし、日本の従来の雇用制度が大きく変わろうとしています。

そんな社会の中で私たちは仕事の考え方を大きく変える必要があります。
これまでの集団のなかで上手く立ち回るのではやっていけなくなるでしょう。働き手も減り、AIやロボットが活躍する時代の近づいてきます。
これからはしっかり個人で力をつけて結果を出していく、それにより大企業でも中小、個人経営においても自分の市場価値を維持、上昇していけます。
協調性よりも個人のブランドを高めていくことが生き残れる人材となっていくものと思います。
そのためにはスキマ時間を活用し、スキルの習得や知見を広めていくために新しいことにどんどんとチャレンジしていくことが良いと思います。

何かの参考になれば幸いです。
ではまた次回よろしくお願いします。

The following two tabs change content below.

大森 駿介

最新記事 by 大森 駿介 (全て見る)

Related posts