一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

こんにちは。

今回の題目は『フリーランスになって気づいたこと』です。
私は脱サラをし、フリーランスのSEとして働いて2年半程経過しました。
2年半働き、フリーランスになって気づいたことをいくつかお話ししていきますので、何かの参考になればと思います。

フリーランスになる前、なった直後のイメージ

・自由に仕事内容や場所、時間をある程度決められる。
・仕事の責任が全部自分に降りかかってくる。
・困った時に助けてくれる上司や先輩がいない。
・成果の分だけ即座に収入に変化がある。(翌月2倍になったり、半分になったりするなど)

今現在思ったこと

・自分の能力以上の仕事は降られない。(会社員だと人材育成のため難度のある仕事を任せられることもあるが…)
・自分に甘い人は続けていくことは厳しい。
・誰も注意したり、怒ってくれない。(社会人として必要なスキルやマナーなどが欠落していて、それに気づけない人はどんどん周りからの評価が下がり、知らない内に仕事がなくなる)

以上のことから、社会人として及びITエンジニア(技術面以外も含めて)として必要なスキルやマナーなどをしっかりと身に着けること。
そして、会社を離れて注意する人がいないからと自分に甘えてだらけてしまわないように締めるところは締められるように成れない人はフリーランスに向かないと気付きました。
また、フリーランスは実業務内で自分のスキルアップをしていくのが難しいので、日々業務外の時間で自己研鑽し続ける必要があると思いました。
まあ、、これは会社員であっても同じことだとも思いますが…。

以上です、これからフリーランスを目指す人、既にフリーランスとして活躍している人へ何かの参考になればと思います。

 

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア