一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

  • 在宅ワークが進んだことによる端末の変化

こんにちは

在宅勤務が少し定着し、在宅勤務案件が多くなっていることを日々感じている根本です。

 

友人も在宅勤務している人が多く、各々会社から貸与されたPCをモニターにつないだり、

デスクとチェアを購入して在宅環境を整えているようです。

今回、紹介する記事はデスクやチェアではなく、PC自体の話です。

 

現在、多くの会社ではPCはノートPCを使用するようになっており、

ノートPCが一般的となってきています。

以前は会社に出勤し、会議のために会議室に移動、お客様との商談のために訪問など、

移動が多く、そのためにノートPCはとても重宝されておりました。

 

しかし、コロナというウイルスが世界的にまん延したことにより、

仕事の流れが大きく変わりました。

朝PCの電源を入れ、仕事開始。会議はTeamsなどのミーティングツールを使ってその場で参加。

お客様との商談も各ミーティングツールを使用して対応など、移動を必要としなくなってきました。

 

仕事の流れが変わったことにより、PCもノートPCである必要性がなくなってきたように感じます。

今回見た記事ではデスクトップPCでありながら、軽量で、セッティングも簡単という端末になっており、

これまでのデスクトップPCとは異なるもののようでした。

 

在宅勤務で特に困るのがモニターの小ささですが、ノートPCとモニターをつなぎ、

キーボードもつないだとすると、ノートPCがとても邪魔になり、作業スペースが狭くなることがよくあるかと思います。

そこで、今回のデスクトップPCにすることで、作業スペースが確保でき、

快適な在宅勤務環境を整えることができます。

これまでのデスクトップは重くて大きい、持ち運びが困難というものであり、

ノートPCが主流となってきていました。

しかし今後、全く移動なく仕事ができる場合、

今回のようなデスクトップPCも増えてくる可能性があるかと思います。

このようなデスクトップPCが増えることにより、

バッテリーが熱くなる問題やワークスペースの確保など、

様々な点で新しい選択肢が増えていくことになるでしょう。

 

これからも新たな端末が生まれ、使用する私たちが適応していくことにより、

作業環境が充実していくことに期待したいと思います。

 

参考記事

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2106/03/news002.html

The following two tabs change content below.

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア