一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

●WSUSからの更新プログラム配信を緊急で確実にストップさせる方法

Windows更新プログラムでPCに何らかのアクシデントが発生することが判明した場合は、
一旦更新プログラムの配信を止めるのが最善の策です。配信がされてしまうと大惨事になりかねません。

●自動承認を拒否設定へ

更新プログラムの配信は、原則として承認制となっています。承認して初めて配信が許可されます。
ただ、毎回対応するのは現実的ではありません、そこでWSUSには「自動承認」という自動的に承認をする機能があります。
一般的なWSUSには自動承認の設定がされていますので、これを無効化します。

「オプション」から「自動承認」を選択します。

自動承認の「更新規則」を選択して削除します。右側のようにキレイになっていれば確実です。

●既に承認済の更新プログラムを拒否にする

続いては、既に承認されてしまっている更新プログラムを拒否にします。「全ての更新プログラム」を選択して

承認⇒「承認済」
状態⇒「任意」

と選択して。「最新の情報に更新」をクリックします。

一覧で出てきたリストを全て選択し、右クリックから「拒否」を選択します。

「更新プログラムの拒否」というアラートが出てきますので、「OK」をクリックします。

これで、全ての更新プログラムが拒否になりました。

これで、WSUSからの更新プログラムの配信が完全に行われません。

The following two tabs change content below.

OM

最新記事 by OM (全て見る)

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア