一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

login shell、インタラクティブセッションを開始する際に、ログインIDで実行される最初のプロセス。ログインシェルは通常、環境変数の設定ファイルを読み込む。例としては/etc/profile~/.profileなどがある。ユーザー切り替えの際に実行するsuコマンドは、-を付けることがある。-を付けた場合、以下2つのことが発生する。

1.ログインユーザーが変わり、カレントディレクトリがそのユーザーのディレクトリに変わる
2.環境変数はログインユーザーの~/.bashrcを読み込む

-を付けたsuコマンドやssh経由のログインは、 interactive login shellを開始する。

-を付けない場合、ログインユーザーは変わるが、環境変数は既存のままとなる。AWSのSession ManagerでEC2とのセッションを開始後、sudo suでrootユーザーに切り替わった場合、/etc/profile~/.profileなどの環境変数ファイルは読み込まれないことになる。

The following two tabs change content below.

新海 道遠

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア