一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

  • 青色申告会に駆け込んだ話

4月も中旬に入りもう後がない状況になってきたものの

ほとんどの入力が終わり間に合うかと思った確定申告。

しかし去年になかった2つの項目が調べてもよくわからず時間が過ぎていきます。

その項目は株取引の損益と住宅ローン減税。

今更税理士に頼んでもやってくれるかわからないし聞くところによるとかなり高額、

かといって税務署で予約取って聞きに行くのも間に合うかわからない・・・

そんな時仕事仲間に聞いたのが青色申告会。

お金はかかるが税理士ほどではないということなので一か八かで伺ってみました。

 

相談枠は1日1時間なので予め教えてほしいところをまとめておき、関連する資料は全部持ち込みました。

結果計2時間で解決してしまいました。

株取引は特定口座にしていたので申告は不要でした。

住宅ローン減税は色々な書類から減税額を算出してもらいました。なんと所要時間数分。

(ちなみに住宅を事務所按分したかったけど減税が絡むと面倒なのでやめておいた方がいいということで断念)

あれだけ悩んでいたものが1発で解決するなんて・・・と感動しました。

そして本来であれば青色申告会から(魔除けの印を押してもらって)申告してもらうことができるのですが

3/15までが期限ということで今回はetaxで申告、無事終わりました。

 

かかった費用について。

今回は前年度分の相談ということで年額24000円のところ12000円にまけてもらいました(なんかその場の言い値のような感じでしたが)

また、令和4年度もお世話になるということで更に24000円、それを一括払いすると1500円オフなので22500円。

総額33500円。

税務相談や経費率のチェック、指摘もしていただけるという意味では税理士よりお安く済むので、

帳簿は自分でつけられるけど自信がないという人にはおすすめかもしれません。

(ちなみに仕事仲間は税理士に領収書丸投げして年契約11万円とのこと)

The following two tabs change content below.

田村

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア