一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

投稿間隔が開いてしまったツカダです..汗

今回は2023年10月から始まる予定の「インボイス制度」について…僕自身も勉強中なのでアウトプットも兼ね書いてみたいと思います!詳しい事は各々調べてみてください。

 

「インボイス制度」とは消費税に関わってくる新しい制度です。

これまで僕らが制作料等を請求する際は各々が用意した請求書テンプレートを使用していましたが、2023年10月からは国の定めた「適格請求書」での取引をしなさい、とのこと。「適格請求書」での取引でないと消費税の租税公課を認めません!という。適格請求書と普通の請求書との違いはTから始まる「登録番号」が記載されていること(e-tax等で事前に申請出来ます)

 

ではこれから何が問題になってくるのか?

これまで売上が1000万円以下の中小、個人事業主は「益税」の形で消費税を免税されていましたが

インボイス登録をする→消費税を納税することとなる

インボイス登録をせずこれまで通り→取引先の会社が余計に消費税を納税することとなる→取引額の値下げ交渉をされる or 取引そのものがNG

消費税を免税されてきた中小・個人事業主にとっては売上の減少が起きそう。

 

…今回はここまで!

The following two tabs change content below.

塚田 恭茂

最新記事 by 塚田 恭茂 (全て見る)

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア