一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

  • 田舎移住して思うこと。

私の場合は完全な田舎移住というよりは里帰りに近い状況ですが…

 

前職では就職してから都心部で仕事をしておりましたが、個人事業主になるのと同時に地元の隣町に移住してきました。

第1子の誕生がきっかけで親の近くで、田舎で子育てをしたい、30代ももうすぐ折り返しのタイミングでいろいろ考えた結果、移住を決意しました。

 

以前から、夫婦そろってキャンプ好き、当方は車とバイクの趣味があり、田舎で動物を飼いながらのんびり暮らしたいなんて夢を見ておりました。

 

結果として、両親とも以前より会う機会や会話をする機会も増え、子供(0歳児)のお世話をお願いしたりと当方は助かりますし、少しは親孝行出来ているのかと思っております。

 

もちろん良いことばかりではありませんが…

ウーバーイーツが届かないこと、飲み屋が少ないこと、どこへ行くのも車移動等々。

あとは自治会、むじん、奉仕作業等、田舎ならではのつながりや活動が意外と大変な事。

 

良い意味でも悪い意味でも田舎のコミュニティは狭いです。

噂はすぐに広がってしまいます。

 

なるべくならご近所さんや同じ地域の方々とは良好な関係を保ちながら生活できるようにしたいと思っております。

 

そんためにも田舎の集まりには積極的に顔を出さないといけませんね。

 

田舎も都会もどちらもメリットはありますが、何を重要視するか今後移住を予定している方の参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.

吉村

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア