一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

こんにちは。梅雨に入り毎日憂鬱な日が続いていますね。中には雨が好きな方もいらっしゃると思いますが。

雨の日になると、身体がだるくなる。

雨の日の多くは、低気圧が接近し気圧が低下しています。
この気圧の低下が、身体に様々な影響を及ぼして、体調不良が起こりやすくなるためだと考えられています。気圧が変化すると、体の外からの圧力が変化するため、体の中で気圧を押し返す力をコントロールする必要がでてきます。

その気圧の変化を感じ取っているのは、内耳という耳の奥にある器官となります。

内耳はセンサーのような役割をしていて、脳の中枢にある自律神経に気圧の変化を伝えます。

気圧が大きく変化すると自律神経が刺激され、自律神経が乱れると、様々な体の不調へと繋がってしまいます。

気圧が上昇しても体調不良を起こしますので

リラックスして日々過ごせるようにしたいですね。

The following two tabs change content below.

古越 信

最新記事 by 古越 信 (全て見る)

  • - 2024年6月5日
  • - 2024年4月28日
  • - 2024年3月31日

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア