一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

  • AGI:未来の知能進化

AGI(Artificial General Intelligence・汎用人工知能):未来の知能の進化

AGI(Artificial General Intelligence・汎用人工知能)は、現代の技術革命の中で最も注目されているトピックの一つです。AGIは、人間の知能を模倣し、あらゆるタスクを実行できる技術を指します。この技術は、我々の生活、ビジネス、社会に革命をもたらす可能性があります。孫正義氏の講演内容を通じて、AGIの未来について探求してみたいと思います。

AGIとは何か?

AGIは、狭い分野に特化せず、あらゆる課題や問題を解決できる知能を持つAIです。これは、画像認識や自然言語処理などの特定のタスクに限定されない、柔軟性と創造性を備えたAIの形態です。これにより、新しい問題に対応する能力が向上し、知能のレベルが高まります。AGIは、AIの進化において次の段階とされています。

孫正義氏のAGIへのビジョン

孫正義氏は、AGIの実現に向けて大きなビジョンを持っています。2023年10月4日の講演では、以下のような発言をして注目を集めています。

孫氏は最初に金魚のページを投影し、「金魚にabcという単語を教えようとしても、金魚はabcが何かを理解できるでしょうか」と会場に問いかけました。「金魚にとってabcを覚えることは難しいことです。知能の強さには2つの要因があります。1つはハードウェア、これはニューロンの数にあたります。もう1つはソフトウェア、つまり学習です。学習によって知能は鍛えられます。AIも同じくニューラルエンジンやチップなどのハードウェアの強さと、トレーニング(学習)、インファレンス(推論)でAIの強さが決まります。」

さらに孫氏は「AGIが何か知っていますか」と会場に問いかけました。ほとんど手が上がらない状況を見た孫は「まず、ヤバイということを知ってください」と続けました。「AGIとはArtificial General Intelligenceの略称です。AGIは、人類叡智総和の10倍です。例えば将棋やチェスでは人間よりもAIが強くなるなど、特定のテーマではすでにAIが人間の知能を超えています。しかし、今はまだ全てのテーマでAIが人間を超える状況にはなっていない。AIがほぼすべての分野で人間の叡智を追い抜いてしまう、これがAGIのコンセプトです。このAGIの世界が今後10年以内にやってきます。そして、AGIの世界では全ての産業が変わります。教育も変わる、人生観も変わる、生きざまも変わる、社会のあり方、人間関係も変わるんです」

プレゼンの中で、ChatGPTが画像を認識し、自転車修理の仕方を教えてくれるデモが投影されました。「こういった生成AIは、文章の作成だけでなく、映像や音楽、コード、プレゼン資料作成など、さまざまに利用されています。『AIが人間より賢くなるわけがない、なぜなら人間がプログラミングしているんだから』という人がいますが、生成AIはプログラムではない。AIは自ら学習している。AIは公開されたコモディティデータと企業が保有するプライベートデータをそれぞれリアルタイムに学習し、その上で推論をしていく。」と語りました。

「以前は世界の時価総額のトップ10に多くの日本企業が入っていましたが、インターネットが立ち上がった結果、今ではGAFAMに代表される正面からインターネットに取り組んだ企業が世界をリードしています。そのくらいインターネットが世界を変えてきたわけですが、現在はまだGDPの一部を占めている広告や小売の世界の話でしかありません。しかし、AGIは人類の叡智の総和の10倍、ありとあらゆる産業に影響を与えることになります。」

孫氏は「ソフトバンクグループを世界で最もAIを活用するグループにしたい」と語り、「今ではソフトバンク、LINEやYahoo!、PayPayと、日本で一番多くのユーザとのタッチポイントを持っていると言えるかもしれません。すでにソフトバンクでは多くの業務においてAIを導入しており、業務効率化によって数値的にも大きな成果がでていますし、社内のAI活用コンテストでは提案件数が10万件を突破しました」と、ソフトバンクグループの国内での事例を紹介しました。

そんなAGIを中心とした世界が、今後10年以内に訪れるという孫氏は、さらにその10年後には「ASI」の世界になると言います。ASIとは Artificial Super Intelligenceの略で、人類叡智総和の1万倍になると続けます。「10倍ということではなく1万倍ということになると、人間対サルではなくて、人間対金魚なんです。金魚のニューロンは人間の約1万分の1ですから、今後20年で人類の知能は、今の金魚と変わらないくらいAIと差ができるということです。では、我々はどうすればいいのか、我が社はどうすれば、私はどうすればいいのかと考えるときが来た。地球に生命体が生まれて40数億年のこの歴史の中で、今後10年間でシンギュラリティが来る。このクロスオーバーの10年で自分がどう思うか、自分の会社がどう思うか、自分の国がどう思うかで変わる。小さな議論をしている場合ではなく、もっとでかく全体を見ろと言いたい。今すぐ行動すべきでしょう。人類の進化の源泉は願望にある。強い願望が人類の未来をAGIとともに作る。敵ではなく味方としてあらゆる進化を遂げる。活用するのか、取り残される金魚になりたいのか。日本よ、目覚めよ。」と熱く語りました。

AGIの利用分野

AGIの実現は、多くの分野に革命をもたらすでしょう。以下は、いくつかの利用分野の例です。

1.医療:AGIは診断や治療計画の最適化に役立ち、医療の品質と効率を向上させるでしょう。例えば、がんの早期検出や遺伝子解析において、AGIは高度な支援を提供できます。

2.教育:個別に合わせた教育プランを作成し、生徒の学習効果を最大化するのに役立つでしょう。AGIは生徒の進捗を追跡し、カスタマイズされた教材を提供します。

3.自動運転:自動車やドローンのような自動運転技術の進歩に寄与し、交通安全性を向上させます。AGIはリアルタイムの状況認識と意思決定において優れた性能を発揮します。

4.エネルギー効率: AGIはエネルギー管理に利用し、環境への影響を減少させるのに役立つでしょう。例えば、スマートグリッドの最適化や再生可能エネルギーの効率的な利用に寄与します。

AGIの課題と倫理

一方で、AGIの発展には課題も存在します。倫理的な問題、プライバシーの懸念、労働市場の変化など、我々はこれらの課題に適切に対処しなければなりません。AGIの利用と開発に関するガイドラインと規制が重要です。

1.倫理と透明性

AGIシステムは、倫理的な原則に従う必要があります。透明性が確保され、意思決定プロセスが説明可能であることが重要です。個人の権利とプライバシーを尊重するために、データ収集と使用に関する明確なルールが必要です。

2.労働市場への影響

AGIの普及は、労働市場に影響を及ぼす可能性があります。一部の仕事は自動化され、新たな職種が生まれるでしょう。社会的な調整と再教育プログラムが必要です。

3.安全性とセキュリティ

AGIは強力なツールであるため、セキュリティの確保が重要です。悪意ある使用や攻撃から保護するための対策が必要です。

AGIの未来

AGIの未来は明るく、我々はその潜在的な恩恵を最大限に活用するために準備を整えるべきです。AGIの発展には技術的な挑戦と倫理的な課題が伴いますが、適切な対処と指導によって、人類にとって革新的な進歩をもたらすでしょう。

The following two tabs change content below.

東葛 コンサルティング

投資銀行にてM&Aアドバイザリー業務、PE(プライベート・エクイティ)業務に従事していました。 経済、投資等についてのアドバイスを行っています。

最新記事 by 東葛 コンサルティング (全て見る)

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア