一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

乳歯うしょくの特徴

1永久歯と比較してエナメル質や象牙質の耐久性が低いため、うしょくしやすい。

2深部への進行が早いので、歯髄炎に移りやすい。

3痛いのに反応が少なく、冷たいものや食べたものが当たったりした時の痛みは少ない。

4歯髄が薄いので、歯髄腔というものが広く、髄角というものが出ている為、露髄しやすい。

治療の為に麻酔が必要になる時があると思いますが、注射の痛みをおさえるために、表面麻酔薬を用いれば、粘膜の知覚を確実に鈍らせることができます。小さい子どもはアナフィラキシーショックなどの検査も含め、先生との相談が大事になります。

The following two tabs change content below.

岩﨑 忠司

最新記事 by 岩﨑 忠司 (全て見る)

  • - 2024年5月28日
  • - 2024年4月29日
  • - 2024年3月25日

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア