一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

  • 生理は体のバロメーター

突然ですが、皆さまは生理痛に
悩まされたことはありますか?

初潮から閉経まで、月に1回訪れる生理🌙

症状の出方には個人差があり、
日常生活に支障が出るほど痛みを重く感じる方や、
そうでもない方もいらっしゃいますね。

今回は生理痛の原因と
和らげる方法についてまとめてみました。

※日常生活に支障を来たす痛みのある方は
医療機関へのご相談をご検討ください

​生理痛の原因
1.プロスタグランジンの生成量が多い

プロスタグランジンは

子宮の内膜がはがれ落ちるときに増え
子宮を収縮させて、経血を押し出す働きがあります。

プロスタグランジンが過剰につくられると、
月経痛がひどくなります。

2子宮の出口が狭い

子宮の出口が狭いと

経血がスムーズに外に流れにくいことから
痛みを感じやすいと言われています。

若い女性や出産経験のない女性が多いようです。

3.冷えによる血行不良

体が冷えると、血液の循環が悪くなり
プロスタグランジンが骨盤内で滞ってしまうため
痛みが強くなります。

4.精神的・身体的ストレス

ストレスがあると自律神経が乱れ

血行不良や免疫機能の低下を引き起こし

痛みを感じやすくなります。

 

​オススメ!生理痛との向き合い方

🟡体を温める

🟡アロマでリラックスする

🟡軽いストレッチで体を動かす

🟡我慢せずに鎮痛剤を使う

ゆっくり過ごすことが大切ですね✨

​自分の体質を知ろう!

毎月訪れる生理🌙

ご自身で周期を管理したり、
経血の状態を把握していますか?

『生理』は私達の体にとって

とっても大事なバロメーター

沢山の情報を私達に教えてくれます!

The following two tabs change content below.

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア