一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

業務効率を向上させるため、作業環境の見直しは欠かせません。特にパソコンデスク周辺機器の選び方に注目してみましょう。

◆姿勢を保つ
人間工学に基づいたチェアを使用することで、腰痛を予防し、長時間の作業でも快適に過ごせます。これにより、作業効率が自然と向上します。

◆長時間同じ姿勢を維持しない
スタンディングデスクを導入して、定期的に立ち上がり作業を行うことが重要です。これにより血行が促進され、疲労の蓄積を防ぎます。

◆視線を下げない
モニターアームを利用して、モニターの位置を目線の高さに調整することで、首や肩の負担を軽減します。視覚的なストレスの軽減にもつながります。

これらの小さな変更が、快適な作業環境を実現し、生産性の向上に直結します。

The following two tabs change content below.

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア