個人事業の始め方

個人事業主になるのに必要なことは、開業届けを税務署に提出するだけです。しかし、ほとんどの人は単に個人事業主になることが目的ではなく、成功し儲けることや、自由な時間、仕事のやりがい、家族と過ごす時間など、こういったメリットがあると思って、開業することを考えている、または、すでに開業しているのではないでしょうか。このような個人事業主のメリットを十分に得るためには、事前の準備や段取りが重要です。このページでは個人事業主として開業に必要な段取りや手順に関して説明しています。まずは、全体の流れを把握しましょう。

タイミング するべきこと
開業準備 個人事業主と会社員の違いを学ぶ
事業の内容を考える
人脈を作る(取引先、パートナー
技術やノウハウの習得
資金計画を作成
運転資金の確保
市場と競合の調査
事業形態の決定(個人事業主か法人なのか
サービス内容の決定(種類や価格
名称の決定(店名、サービス名、商品名
許認可や法規制のチェック
開業直前準備 事務所や店舗の確保
名刺や広告物の作成
WEBサイトの開設
事業用の銀行口座の開設
事業用のクレジットカードを作成
開業手続き 「開業届け」を提出
青色申告の希望者は
「所得税の青色申告承認申請書」を提出(税務署)
事業に許認可や届出が必要な際は
「許認可や届出」を提出(該当する行政機関)
従業員を雇う場合 従業員の募集と採用
「給与支払事務所等の開設届出書」を提出(税務署)
労災保険の申請(労働基準監督署)
雇用保険の申請(ハローワーク)
確定申告 管轄の税務署に前年の所得を申告

うまく個人事業主としてやっていく流れについて説明しました。やらないよりはやっておいた方が良いことばかりです。可能な限り準備を整えてから開業することにより、個人事業主としてのメリットを十分に享受できるようにしましょう。開業を考えている方は上から順番にやってみましょう。すでに個人事業主として活動している方に関しては、まだできていない点を洗い出して、より洗練されたビジネスを目指してください。

The following two tabs change content below.

運営事務局

運営管事務局のアカウントです。皆様をサポートさせて頂きます。

Related posts