PhotoshopとPremiere Proについて

本格的な暑さが到来し、マスクが水没する事案が多発しております。

今回もNWエンジニアとしてSEの活動を実施しておりますが、全く関係ない路線で記載したいと思います!

PhotoShopとPremiere Pro!
おまえ、関係ねーじゃん!
って声もチラホラ聞こえて。。。。
誰も見てくれていないので、悲しいことに、そんな声もナッシングです。

PhotoShopとPremiere Proは両方とも年間契約を実施してしまいました。
なにが違うんだろうと良く分かっていない人もいるかと思います。
初心者ながら、それぞれの内容を記載します。

<PhotoShop>
画像(写真)の加工
画像(写真)のテロップ入れ
画像(写真)の切り抜き
等々

要は、静止画!の編集ツールとなります。

<Premiere Pro>
動画の加工
動画のテロップ入れ
動画の切り抜き(動画と動画のつなぎ合わせ)

等々

要は、動いている動画!の編集ツールとなります。

そして、利用してみた感想!
有料版で、物凄い設定項目の多さ、そして分かり難さとなります。
※プロの方からしてみたら、これの方が楽なんだよ!ってお声が聞こえそうですが、初心者だと機能の多さで戸惑います。

ただし、機能面としては、すごく充実しております。

例を出してみようと思いますが、PhotoShopの画像切り抜き精度は、かなり驚きました。
無料版のGIMPという画像加工のソフトも利用したことあるのですが、髪の毛等の細かいところ、色の違いがハッキリしていない場所は、微調整が凄く時間がかかります。

その点、PhotoShopでは、すぐにある程度の精度で画像の切り抜きが実施でき、細かい制御も実施しやすかったです。
さすが有料版で、有名なソフトなだけあると思いました。

Premiere Proも細かい制御、小さい音でBGMを挿入するとか、テロップ入れを制御する等、色々な細かい微調整が可能です。
また、Premiere Proの利点は、PhotoShopと利用した感じが似ているという内容です。

例えば、PhotoShopを利用しており、静止画メインで作業していた人が、動画も編集したい!
そのような人々が、Premiere Proを利用した場合、学習時間が少なく済むと想定します。

どちらのソフトも有名なAdobeのソフトとなるので、本格的に静止画や動画を本格的に実施する場合は、プロ気分になれるソフトかなと思ってます。
テロップ入れとかは、Vrewっていうソフトを利用して、半自動で挿入もよいかと思います。

The following two tabs change content below.

平林 歩

最新記事 by 平林 歩 (全て見る)

Related posts