一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

  • Visual Studio Codeのプラグインを漁る 1回目

こんにちは。

今回おすすめするVSCodeのプラグインは、

「Bracket Pair Colorizer」

というものです。

例えばコーディングをしている時に、
CSSでもJavaScriptでも、括弧は必ず使います。
通常テキストエディタだとその括弧は白または黒文字となり、
いくつも括弧があるとどの括弧と組み合わさっているのか見づらくなってしまいます。
そういった困りごとを「Bracket Pair Colorizer」は解消してくれます。

このプラグインを導入すると、対応括弧が色付けされて表示してくれます。

function sayHello(){
  return "Hello!";
}

というコードがある場合、()と{}両方とも色付けがされます。
これは括弧がいくつあっても色分けしてくれるので、
単純な白黒括弧よりもとても見やすくなります。

設定からsetting.jsonを編集することにより、
例えばHTMLのタグで使用する”<“や”/>”も色付けすることもできるので、
自由なカスタマイズが可能となっています。

まだ導入していない方は導入してみてください。

The following two tabs change content below.

緑川 元樹

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア