一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

WSUSの構築と初期のセットアップまでの流れを解説していきます。

WSUSの初期セットアップ

それでは、WSUSを利用可能な状態にするための作業を説明します。

「コントロールパネル」の「管理ツール」を選択してください

 

「Windows Server Update Service」を開いてください、

WSUSの運用ではこのアプリケーションを利用することになりますので、デスクトップに置いておくと便利です。

デフォルトのままで「実行」ボタンを押下

「閉じる」を押下

次へ

次へ「はい、Microsoft Update品質向上プログラムに参加します」はメンドクサソウなのでチェックを外しました。

 

2択が出てきます。

インターネット上から直接更新プログラムを取得する場合は、

「Microsoft Updateから同期する」を選択。別のWSUSから更新プログラムを取得する場合は、

「別のWindows Server Update Serviceサーバーから同期します」を選択して「次へ」

 

プロキシ経由でインターネット接続をする、

もしくは他のWSUSに接続するのであればプロキシの情報を入れて「次へ」

「接続の開始」をクリック
※20分程度かかったので注意

次へ

 

更新プログラムの対象言語を選択しまうす。

WSUSのデータが多くなってしまうのでなるべく最小限にしてください。後からでも変更可能です。

 

更新対象のWindows製品を選択してください。

これもWSUSのデータ量を抑えるために最小元にしてください。後からでも変更可能です。

 

分類の指定です。

これも同様に最小限にしてください。後からでも変更可能です。

 

同期を手動か自動で選択します。特別な理由が無い限り「自動で同期する」を選択してください。

 

次へ

設定完了です。

 

The following two tabs change content below.

OM

最新記事 by OM (全て見る)

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア