一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

こんにちは。

今回は、初めてAndroidアプリの改修作業をするにあたって知ったことを書いていきます。

現在私が保守を担当しているシステムは、基本的にはWebブラウザで操作するのですが、

一部機能はスマホアプリでも提供しています。

その中でAndroid版を改修する必要が出てきたのですが、「そもそもアプリってどうやって通信しているの?」

と疑問が出てきました。WebブラウザのようにURLが出てこないので接続先がわからないし、パラメータもわかりません。

設計書は一応あるのですが、充実しているとは言えず。。

そうしたときに知ったのが「パケットキャプチャ」というアプリでした。

コレはアプリのリクエストメッセージを拾ってくれる代物です。

調べたいアプリの裏でパケットキャプチャを立ち上げておくイメージですね。

これでURLの中身を知ることができ、改修箇所も特定することができました。

パケットキャプチャはPlayストアに何種類か無料版が公開されていますので、興味があれば使ってみてください。

The following two tabs change content below.

神田 康弘

13年間IT系企業に勤めた後、フリーランスに転身しました。昔は新規開発案件でプログラムを組んでばかりでしたが、ここ数年は保守・運用がメインの仕事になっています。

最新記事 by 神田 康弘 (全て見る)

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア