一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

  • MacBookを売却したのでメリットとデメリットを挙げてみる

こんにちは、独立時にMacBookAirを購入し2年程で売却しました。売却理由はゲーミングPCとしてWindowsのPCを購入したからです。
Macbookairを持ち続けてもいいなとは思ったのですが使わないのと売ればそこそこの金額になるので、必要になったらまた買えばいいと思い売却に至りました。

そもそもMacbookairを購入した理由
・スマホアプリを作成するモチベがあった
・Macbookairに割と安めのモデルがでた
・1度MacBookというものを触ってみたかった
他にも軽い等はありますが大体こんな感じでした。

購入したモデルは標準だとCPUがi3、メモリ8Gで10万程。
私の場合はi5、15Gにしたので14万円程になりました。

MacBookのメリット
・iOSアプリの開発ができる
・動画編集に向いてるらしい(やったことはないのであくまでらしい)
・軽くてデザイン性に優れている
・キーボードが必要ないほどに優れたタッチパッド
・売ってもある程度の値段になる

MacBookのデメリット
・世界的に大体のソフトなどはWindows標準なので対応していないものが多い
・少し重たい処理があると熱くなりがち
・ポートがUSB-C2つ。充電もそこで行うのでポートが実質1つになるので足りない。

私の場合はスマホアプリを作ってみたかったのとゲーム等はそこまでしないと思っていたので購入しましたが、途中でモチベ低下やゲームなども少しやりたいなとなったためMacbookでは物足りなくなりました。

Macbookの最大のデメリットですが、動画編集やスマホアプリ開発(ios)を行う予定がないのであれば基本的にコスパ的にもWindowPCの方が優れているところだと思います。

Macbookを使っているということを相当高いステータスだと思っているってわけでもないのであれば上記に該当しない人は大人しくWindowsのPCを購入した方がいいと思います。

ちなみに売却価格は傷ありで多少減額されて6万強だったので割とよかったです。

少し脱線しますがapple製品は購入しても同じ名前のまま直ぐに新しい製品が発表されるので買うのを躊躇ってしまいます。

ということでiPhoneならともかく大体のひとはWindowsPCのほうがいいよという話でした。

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア