一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

こんにちは。田中です。
本格的に夏らしくなってきました。
海やプールなど肌を見えるイベントの予定があるなしに関わらず、この時期になると気になるのは体型です(;´Д`A “`

現在、人生最高体重を更新中という悲しいこともあり、運動をはじめたのが6月頭。
取り組んだのは1日20分のトレーニングとオプティマムプロテインを飲むの2つです。

オプティマムプロテインは、ホエイプロテイン+豆乳+甘酒のプロテインドリンクになります。
よく「筋肉を落とさず、体脂肪を落とすファスティング」で検索すると出てくる飲み方です。

これまで様々な方法でダイエットをしてきたのですが、それを得てわかったのは以下のとおり。
1.変化をつけないと続かない(最長1.5週)
2.1回30分以上は億劫に感じてやらなくなる
3.できれば食事制限はつけたくない

この3つのいずれかが入ると日ごとにやる気がそがれてしまいます。
今回のトレーニングは、1か月のトレーニングプログラムをネットにてみつけ、忠実にそれをやり続ける、というもの。
同じことをやり続けるのは、実はなかなかキツいことがわかってこのプログラム方式をとりました。
20分ぐらいの内容であれば、お風呂を沸かしている間など隙間時間でできるのが魅力的でした。

ダイエットは食事で8割決まる、というように、食事は非常に大事。
それはわかってはいても、トレーニングのスケジュールとは別に入ってくる飲み会やデートの予定。
多忙な相手に合わせるとなかなかに難しいと感じます。
また、食事に関しては、記録する、というのが大事になります。
漠然とやっていると、本当に食事制限ができているのか、これがわからなくなってきます。
普段から食べたものをSNSに挙げる方などは記録することに対して、難しいと感じることは少ないと思いますが、そういう習慣がない私にとってこれを習慣づけるのはなかなか大変でした。

そうしたことから、今のダイエット方法に落ち着いたのですが、なんとか1か月継続できました!

意外とこういうことを繰り返すことで、何かやっても3日坊主だったのが1週間と伸びていきました。
また、やっていることが自分の弱点ということもわかり、仕事でも同じようなことが苦手だったことに気づき、対応ができるようになってきたと思います。

普段から効率的に、と考えながら仕事はしていますが、改めて振り返り、かつほかのことにも当てはめることで自分の癖というものが見えてきました。

何事もやってみることで、思ってもなかった気づきがあるものです。
今後とも、何かとチャレンジしつづけたいものです。

The following two tabs change content below.

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア