一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

  • サラリーマン時代を振り返って③

最初に配属された売場は文房具売場でした。鉛筆や万年筆、ランドセルなどの新入学関連商品、熨斗袋や年賀状、暑中お見舞い、クリスマスギフトカード、など、季節商品の比重が高かったせいか、営業中はお客様対応に追われ、閉店後は客注商品の配送手配、季節商品の入れ替えなど、常に忙しく1日があっという間でした。特に年2回の棚卸しは、鉛筆1本、消しゴム1個から棚帳に記載して数えなければならず、売場の棚帳は数百枚、作業も夜遅くまで続きました。このような棚卸しを手作業で、売場全員でやっていた時代が今では懐かしく思い出されます。

 

 

The following two tabs change content below.

桐澤 聖子

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア