一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

今回は代表的な歯科技工物の種類とそれぞれの役割を確認したいと思います。

インレーとは、虫歯などにより、歯の一部が欠けてにそうちしまった場合に金属・陶材・強化プラスチックなどで作り、セメントなどで欠けた部分に装着、歯の形や技能を回復します。

クラウンとは、インレーと同じように虫歯などにより、欠けた歯を覆う被せ物。処置の範囲が大きい場合はクラウン、小さい場合はインレーと使い分けをします。

ブリッジとは、歯を失った時に用いる技工物です。失った歯の両隣にある歯を支えとして、橋をわたすように歯を入れます。支えとなる歯を削る必要があるので、健康な歯に負担がかかる可能性があります。

The following two tabs change content below.

岩﨑 忠司

最新記事 by 岩﨑 忠司 (全て見る)

  • - 2024年6月30日
  • - 2024年5月28日
  • - 2024年4月29日

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア