一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

======================================

見ていただいてありがとうございます。岩瀬です。

フリーランスになりたいITエンジニアを応援する協会で手伝いをしたり(https://it-freelance.wixsite.com/it-site

趣味でイベントを開催していたりしています。

======================================

今回は前回の記事の最後にも記載した通り、キングコング西野さんから感銘を受けた内容を記載したいと思います。

 

元動画はこちら

動画概要:「なぜ、挨拶をしなければならないのか?シンプルで最も重要な内容に眼から鱗な内容でした。

※興味を持たれたかは元動画をご覧ください。

 

西野さんはオンラインサロンを運営しており、そのサロンの参加人数はなんと3万4千人(動画公開当時)とのこと!

そのサロンを運営している中での気づきで「挨拶しない人=頭が悪い」というお話をしていました。

結構、ショッキングなタイトルとなっていますが、順序立てて聞くと「ああ、なるほどな。」となるお話でした。

 

どうして、西野さんがこういった気づきがあったかというと

オンラインサロン内で、西野さんが「おはようございます!」と挨拶したところ

サロンのメンバーの一人が「あ、はい」と挨拶にもならない相槌を返してきたとのこと。

 

この背景をもとに挨拶しないことのリスクを纏めます。

 

・挨拶とは「あなたのことを受け入れますよ」という意思表示

・挨拶しない人はリスクが高い

・挨拶しない人には声をかけたくない(恐怖でしかない)

・挨拶しない人は相手にされなくなる(声をかけられなくなる)

・声をかけられないから外部から入ってくる情報が少なくなる

・情報が入って来ないから自分から情報を取りに行く必要が出てくる

 

そうなるとどういう風になるかというと、偏った情報しか持ってなくなる。

つまりは、偏った情報しか持てなくなるから”頭が悪い”人となるとのこと。

 

動画内ではもっともっと詳しく説明してくれているのですが

最短で要約するとこの様なまとめになりました。

 

ですが、よく考えれば確かにそうだなという様な内容ですよね。

そもそも自分から入り口を閉じているから放って置かれてしまうし

声をかけても聞いているのかいないのかわからない返事とかされたら困りますよね。

 

なので、挨拶はしっかりしましょうと、すごくシンプルですがとっても重要なお話でした。

 

 

 

 

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア