一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

  • 今後の勤務形態に関して

こんにちは

今回はこちらの記事をご紹介させていただきます。

「宣言解除も企業はテレワークで様子見 オフィス縮小でコスト削減狙う企業も」

とても素晴らしい試みです。

緊急事態宣言が解除されてから、東京では再び感染者が増加していますが、

テレワーク継続が増えることで、これまでの自粛も無駄にならないのではないでしょうか。

私は残念ながら6月に入り、満員電車ユーザに戻ってしまったわけですが、

朝は比較的空いていても、帰宅時は依然と全く変わらない満員状態です。

テレビでは夜の街、接待を伴う飲食店がクラスターを生むと言われていますが、

満員電車こそ、クラスターになりうると考えられます。

テレワークをすることで生産性が変わらないことがこの2か月ほどで理解されたはずですが、

やはり出社、遅くまで会社で仕事など古き悪しき慣習がいまだに残っているのが現状です。

 

昭和、平成、令和へと時代は変わってきています。

古い考えの人間が上に立っている現状、どうしようもないことかもしれませんが、

今回の全世界的規模で生活習慣が変わるかもしれない現象を少しでもプラスにできるよう、

記事で紹介されている会社のように柔軟に物事を考えられる組織、人間が増えるとよいと感じました。

 

参考記事

宣言解除も企業はテレワークで様子見 オフィス縮小でコスト削減狙う企業も

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2005/27/news046.html

The following two tabs change content below.

根本 敦子

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア