一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

2020年は「限界まで稼いでみる!」と決めて
1ヶ月にどれだけの案件をこなせるか、に挑戦してみました。

結果、それなりに満足のいく収入は得られたものの
人生の幸福度が著しく低下してしまいました(笑)

積み上がったテトリスのブロックを消し続けるような毎日は
アドレナリンがブンブンでそれなりにエキサイティングではあったけれど
「これって楽しいのだろうか?」と日ごとに自問自答するように。

そこで2021年度の契約を更新するタイミングで
思い切って受注量を50%カットしてみました。

いまだ新型コロナウィルスが猛威をふるい
地球規模で先行きが見えない中
「なぜにそのような危険な賭けを?」
と思われるかもしれませんが
お金を得るためにライフクオリティが顕著に低下するという
本末転倒な感じ。

…納得いかない(笑)

「生活のために働く」
のではなく
「自由に生きるために働く」

もっとシンプルでもっと効率的に心地よく働きたい。

そのために、まずは業務の断捨離を行ったわけです。
飽和状態だと、新たなものが入って来る余地がないですからね!

ちなみに、以下の基準で業務を断捨離しました
・私じゃなくてもよい仕事(オペレーション的な業務)
・強みやスキルが活かせない仕事
・新たに展開する余地がない仕事
・ワクワクしない仕事、楽しいと思えない仕事、苦手な仕事
・時間と場所の拘束、ノルマのような性質が潜む仕事(月●●本の取材をこなす等)

個人事業主の利点は、自分で仕事を選べる点です。

この強みを存分に活かして
心地よく仕事ができる基礎を構築する1年にしていく予定です。

コロナなんてあまり関係なく
働き方や生き方を見直すきっかけになったような気さえします。

誰のものでもない自分の人生なので
仕事であろうと、楽しいことしかしたくない!
そんな感じでも良いのかな

いずれ「好きなことを仕事にしています」
と胸を張って言えるようになれたら。

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア