一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

長年治療業界におりますと、「整骨院」「整体院」他・・・って何が違うの??
とよく聞かれます。

私の「築地たかしま治療院」は
・鍼灸院
・マッサージ院
・整骨院(接骨院)
の届け出を保健所にしております。

開院には、いずれもはり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師の免許(国家資格)が必要です。
それらを名乗れるのは、公に認められた医療機関だという証です。

さて今回は、その中でもよりよく聞かれる「整骨院」と「整体院」の違いをお話しします。

【整骨院(接骨院)】は、国家資格である「柔道整復師」が開設することができる施術所のことです。
保険証を使って「急性症状」といわれる捻挫や打撲、挫傷(肉離れ)、骨折、脱臼などの治療を受けることができます。
なので「凝っている」とか「単に疲れている」とかいつからか分からないような慢性症状には使えません。
たまに「え〜、ケチ❗️」と言われることもあるのですが、これは国で決められた保険制度上のルールなので「保険証持ってくれば何でもやってあげる」というところにはご注意を。
また整骨院では、ご存知ない方もいるかも知れませんが、交通事故でのケガ、お仕事中(出張や外回り時含む)や通勤中のケガの治療ができます。

【整体院(カイロプラクティック院)】は、民間資格もしくは資格がなくてもできます。
「骨盤の歪みを直す」「背骨をまっすぐにする」というようなことをするところです。
私も整体やカイロをおこなっていますが、医療系の資格がない人や、極論、全く勉強したことがない人でもやろうと思えばやれます。
こちらは医療機関ではなく、お店になるでしょうか。

もちろん中には腕のイイ先生がいますし、逆にちゃんとしてても、腕の良くない先生がいるのも事実なので、資格等の有無だけが頼りにはならないのですが、治療院選びの際には気をつけましょう。
いずれにしても、事前に問い合わせでみたり、評判・口コミ(ご紹介が一番安全)などを参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア