一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

はじめに

フリーになったのが昨日のことかのように時の流れは早いですね。

もう3か月経ちました。

3か月経ち、ある程度今の環境に慣れてきたかなと思います。

今のところのフリーになってよかったところや悪かったところをまとめようと思います。

 

良いところ

①精神が軽い

ここは私にとって一番大きいいい点です。

案件によるかもしれませんが、どんな案件に入ろうとも、

フリーランスであれば一定の期間で契約を終了させて新たな環境にいける、という安心感があります。

会社員のようにずっと同じ環境だと一度の失敗は忖度のミスで居場所がなくなりやすいため、無駄に気を使います。

それが完全になくなったわけではありませんが、媚びを売って昇進する必要もなければ、

準委任契約であれば納品物を納期以内に納品する責任もありません。

 

もちろん無責任な働き方はクライアントに迷惑を掛けますし、最終的に自分がやりにくくなるのでしませんが、

無駄な気遣いがかなり減った気がしています。

 

②多くの人に出会う

会社員時代は会社の人か、取引先の担当者としか会いませんでしたが、

フリーになり、一緒に働く人がかなり増えたと思います。

委託の人だからと言って、距離を置かれたりは今のところなく、むしろとても仲良くして頂いてる。

コロナ禍ですので飲みに行ったりはできませんが、

コロナが明けたら飲みに行ったりできる人が増えたのでかなり楽しそう。

 

③自由時間が増えた

圧倒的に自分の時間は増えたと思います。

会社員の頃は残業が当たりまえのようになっていたので、自分の時間が少なかったですが、

フリーになってからは基本的に時間外は働かないのでとても時間が増えた気がします。

一日が仕事だけの1ターンで終わっていたのが、プライベートも追加されて2ターン分使えるようになりました。

 

ただ、これは恐らく働くスタンス次第であって、フリーだから、というよりも

案件に入るときのすり合わせや、日々の仕事の進め方次第なのかなと。

まぁ会社員だと、周りが残業しているから、という謎の理由で残るんですけどねw

 

悪いところ

①未来に対する不安は消えない

フリーになれば、将来安泰!なんてことは最初から求めてはないですが、

やっぱり会社員の頃に比べ、

「自分が働けなくなったらどうしよう」とか、

「いい案件が見つからなかったらどうしよう」

といった不安は結構あります。

 

こんな不安を拭えるようなコミュニティとか作れたらいいなぁと漠然と考えてます。

 

②人が足りていない会社は楽ではない

やはり委託であろうと人を欲している会社はリソースが足りていないので、

何をやるにしても結構大変です。

人が足りなかったり、お金がなかったりと、会社として悩みを多く抱えているので、

その中でうまく立ち回らないととても大変な思いをしてしまいます。

 

今後

今は完全に労働を対価にお金を頂いています。

これを早期に脱却したいと考えています。

労働を対価にする働き方では結局のところ会社員と大差ないといっても過言ではないとさえ思います。

 

The following two tabs change content below.

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア