一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

おはようございます、ITフリーランスの多田です。

今回はITプロジェクトの振り返り方法について、過去の経験からこうすれば顧客の反応が良かった

という振り返りのやり方を共有いたします。

 

結論、とてもオーソドックスですが、KPTのフレームワークを用いた振り返りが一番まとめやすい且つ納得感は得られるかと思います。

KPTとは、Keep(良かった点)、Problem(課題)、Try(改善点)の3つに分けてプロジェクトを振り返る方法です。

※参考:https://seleck.cc/kpt

 

ポイントは、

・メンバー全員で振り返りを実施すること(一部の人で振り返りしても本質は見えてこない)

・人の姿勢や意識ではなく、あくまで事象/仕組みにフォーカスすること(意識に対しての改善策はXXを意識するなど抽象的且つ実行できているかの評価も難しい)

 

(私が実際に行った順番で正解はないと思いますが)具体的な進め方としては、以下の通り。

①Keep/Problemをメンバー全員で出し合う

②Problemを深掘って根本原因を出す

③根本原因に対するTryをメンバー全員で決める

④資料の取りまとめる

⑤報告する

 

KPTに限らず様々な振り返りのフレームワークはインターネット上にも溢れているので

今回共有した内容はあくまでご参考程度にはなりますが是非一度試してみてください☆彡

※根本原因の洗い出し方などは次回以降のブログにて共有する予定です(^^♪

 

それでは!

The following two tabs change content below.

多田 健佑

最新記事 by 多田 健佑 (全て見る)

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア