一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

  • ランニングシューズの今後

こんにちは治療家ランナーの原です。

本日開催された琵琶湖マラソンで驚異的な日本記録が出ました

他にも元公務員ランナーの川内選手が約10年ぶりのベストタイム

40人以上が2時間10分以内で走るという世界一ハイレベルな大会となりました

過去にないレベルになった要因の一つにシューズ機能の発達が大きい所です

これまでは靴底は薄くてもとにかく軽いシューズが最良とされてきましたが

近年では軽い上にさらに厚底によるクッション性、反発力のある夢のようなシューズが出てきてマラソン業界を席巻しております

私も履いていますが明らかに推進力が増す上に走ったダメージ感も軽減されます

薬による助力はダメだけどシューズによる助力はありなのか

エンジンが付いたシューズはもちろんアウトでしょうがどこまでならセーフなのか

トレーニングの積み重ねで出した記録こそが評価されるべきだと思うのですがどこまでシューズ技術が介入してくるのか

過去競泳水着は規制がかかりましたが陸上業界はどうなっていくのか

今後の展開に注目ですね

The following two tabs change content below.
所沢おおはら村鍼灸整骨院副院長でランニングコーチ マラソンをこよなく愛する治療家ランナーです よろしくお願いします

最新記事 by 原 浩一郎 (全て見る)

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア