フリーランスになったその訳

はじめまして、okitaです。

フリーランスになってから1年と9ヶ月になりますが、紹介により参加しました。

表題の件を話す前にざっくり経歴としては、

22歳で大学卒業してそのまま上京して就職して正社員として2年11ヶ月、その後すぐフリーランスに転身して1年10ヶ月目です。

大学のキャリアセンターに置かれたチラシを鵜呑みにして入社したその会社はあたかも健全そうに見えてその実健全ではあったのですが、まぁ福利厚生が整ってないと感じざるを得ない環境でした。

まさか夏季休暇を有給消化で獲得するとは思いませんでしたし、出勤早退遅刻残業届諸々をすべて紙媒体で提出なんて40年もの間IT会社を謳っているとは思えない環境でした。

それに加え社長の話を聞くためだけに時間外に本社に戻りその移動時間は残業に含めずに夜遅くまで残らされるようなイベントもしばしば有りました。

そんな旧時代とも思える会社には居続けられなくなったのと、

学生の頃から演技の勉強を受けたかったので自由に時間を取れるフリーランスに転身することに決心しました。

 

現在では会社勤めの頃より給料は良いですし、時間も自由に使えるし、会社の行事・慣習に縛られることはそうないので自分には性に合っていると感じています。

このままSEのフリーランスとしてやってい続けられるかは自分でもまだ見えていませんが、

い続けてられるよう頑張っていく次第です。

 

よろしくおねがいします。

The following two tabs change content below.

沖田 清多郎

フリーランスになって2年目です。 よろしくお願いします

Related posts