ORA-12543:TNS:接続先ホストに接続できません。 (TNS-12543)のエラーについて

こんにちは、木村です。

今回は、OracleClientインストール済みのサーバからsqlplusのコマンドを使用してDBに接続しようとした際に掲題のエラーが発生したので、原因について調べました。

 

ORA-12543:TNS:接続先ホストに接続できません。の意味は?

文字通り、tnsnames.oraに記載されているDBにsqlplusコマンドで接続しようとした際に、対象ホストに接続ができなかった為発生したエラーとなります。

原因としては、対象ホストへのネットワークレベルの疎通ができていないことや、ホスト名を名前解決出来ないなどの理由があるそうです。

 

エラーが発生した際の対応策は?

対象ホストに対してpingコマンドやtelnetコマンドなどを使用して疎通がかくにんできるかや、DNSの設定(hosts)の設定は問題が無いかなどOSの設定周りを確認します。

今回の原因は、hostsの設定に不備があった為発生しました。

hostsの設定を修正し、sqlnetコマンドを実行したところ、接続が確認出来ました。

 

まとめ

OracleClientのエラーでもOSの設定周りが原因となっていることが多いので、エラーが発生した際は、1つづつ設定を見直した方が確実ですね。

Related posts