時代の流れでテレワークした感想

世間は新型コロナウィルスで外出自粛が促され、

現在働かせてもらっている現場でも4月6日からテレワークという名の自宅勤務が始まりました。

最初二日間はいざ緊急事態宣言が出された時のためのお試しテレワークでしたが、

始まった翌日7日に本当に緊急事態宣言が出されたためにそのままずっと自宅での作業となりました。

周りに社員さんもいないし急に現れることもないから安心ゆっくりできるのはいいですね。

通勤時間も無くなるし朝会に間に合いさえすれば最悪ギリギリまで寝ていられるのも、

より時間が有意義に使えるようになるのでいいこと尽くしだと思っていました。

 

しかし自宅勤務がいいこと尽くしなわけはなく、やってみてわかったことがいくつかあります。

まず一つ、時間のメリハリを自分でつけないといけない。

勤務時間が終わってからプライベートに戻るときの切り替えをどこかでつけないと、

生活リズムがぐちゃぐちゃになります。

二つ目に、昼食がめんどくさい。

今までは通勤途中に買ってそのまま昼休憩になれば食べて時短していたものが自分で用意するか近くで買ってこなくてはいけない。

しかしコロナの影響で自宅勤務をしているのに買い出しに行くのも違うので、

自炊するようにはなったのだが単純に自炊が面倒くさい。

三つ目に運動不足になる。

特別休日に運動をしているわけではないが、

自宅勤務を始めて2週間外出自粛をするためにも3日に1回買い物のために外に出るような生活をしていると、

普段つかなかったところにお肉の付くこと付くこと。。。

さすがにこれはいけないと思い、マンションの階段を使い階段ダッシュを行うようにしました。

何気ない満員通勤電車ふくめて通勤路は何気ない運動になってたんですね。。。

 

まだまだコロナが猛威を振るっている状況ですが、

油断せずに臭素kするまで外出自粛を続け、

早く元の生活に戻れるよう皆さんで頑張っていきましょう。

 

GW遊びに行きたかったなぁ。。。

The following two tabs change content below.

沖田 清多郎

フリーランスになって2年目です。 よろしくお願いします

Related posts