一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

先日、若くして成功されたとある経営者の取材で

「設立当初をふりかえって、考え方が変わった点はありますか?」

と質問したところ

「若い頃は報酬を支払う側として ”金を払ってやってるんだからもっと仕事しろよ”

という考え方があったように思います。今はそういう考え方も変わって

”両者にとってのベスト” を考えるようになりました」と回答されました。

素晴らしい回答だと思いました。

 

私も個人事業主として日々本当にたくさんの企業の方々と

お仕事をご一緒させていただいていますが

いまだに時々出現します。

「金を払ってやっている」「仕事をくれてやろう」

という高圧的な姿勢で依頼される取引先の担当者。

非常に昭和の香りがしますよね。

 

先日もとあるお仕事の依頼があったのですが

原稿料その他がこちらが設定する価格に満たなかったので

「執筆だけでしたらこちらの金額でお引き受けできますが、

構成や編集、企画のご依頼をされる場合は別途いただいています」

と極めてまっとうに提案したにもかかわらず

鉄板の「無い袖は触れない」からはじまる嫌味を散々言われてしまいました。

このセリフ

定形文としてテンプレートでも出回っているのでしょうか(笑)。

 

さて、取引は「お買い物」であり「投資」です。

欲しい物があれば提示されている金額を正当に支払う。

予算が足りなければ買うことはできません。

人間世界のルールです。

 

それなのに個人事業主を相手にした取引では

「我々が買ってやるといっているのだ。こちらが提示した金額でやらないのであれば結構だ」

といった理不尽な態度で値踏みをしてくる企業がまれに登場します。

取引の現場で我々個人事業主は「売り主」なので

逆に「金が払えないなら帰れ」と言ってしかるべき立場なんですけど……。

ですので私はこういう企業とは取引をしません。

 

するとどうでしょう。

「仕事が無くなった!」

 

……と言うかと思いきや

売上は順調に伸びる一方です。

 

考えてみれば当然です。

価格が見合わない効率の悪い仕事を入れず

モチベーションが上がる(かつ価格も素敵な)効率の良い仕事を入れるわけですから。

私がいつも言っている「仕事の断捨離」「取引の断捨離」です。

一時的に損失が出ることもあるかもしれませんが

必ず巻き返すことができます。それも大幅に。

 

インタビュー対象はいつも素晴らしい素敵な人々ばかりです。

クリエイティブでイノベイティブでワクワクします。

記事を書かせていただけるのは非常に光栄です。

だからひとつひとつの記事に心をこめたいんです。

いつも120%の力を出して記事を書いていたい。

 

理不尽な取引先のために座席を空けておくのではなく

良い取引先が現れたときに座っていただく場所を確保しておきたい。

それが21世紀のビジネススタイルだと思います。

 

なので取引先を選ぶということは

私にとっては全てにおいてとても重要です。

目先の小さなお金でバチバチと交渉するのではなく

「良いものをつくりたいと思っています。ぜひ一緒にお仕事をしませんか?」と

爽やかで潔く対等に取引をしていたいんです。

ビジネスはお互いにとって

そしてその先にいる人々にとって

「三方Win」でなければ面白くありませんから。

 

あともうひとつ。

これまで50以上の企業とやりとりをしてきましたが

正当な価格を支払わない企業や値踏みをしてくる企業は

必ず衰退していきます。

倒産した会社もあります。

いやすでに衰弱しているのかもしれません。

 

なぜなら「お金をまともに支払わない事情がある」からです。

もし潤沢な資金があるのにそういうことをしているのであれば

取引先(個人事業主)から搾取して稼いでいるわけです。

いずれにしても

取引をして幸せな結果に繋がりそうにないんですよね。

 

また投資をされている方なら分かるかと思いますが

「お金の使い方」に全てが現れます。

特に「人にかかるお金を削る」「効率がUPする技術の導入を渋る」等は

クリティカルにアウトです。

 

長くなってしまいましたが

私は個人事業主が安く見積もられることに我慢ができません。

日本にもっと「強い個人事業主」が増えてほしい。

 

仕事は世の中にいくらでもあります。

健康問題や諸事情による縛りがない限り

「仕事がない」なんてことはありえません。

 

きっと大丈夫です。

そんなことを考えた7月でした。

 

ではまた来月!

The following two tabs change content below.

最新記事 by 三村ゆにこ (全て見る)

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア