一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

今回はExcelマクロ(VBA)の繰り返し処理で使っている配列に関する補足です。

 

前回はFor each文に関してお伝えしました。

配列に関する補足になりますが、普段の配列は中身が決まっていない状態で、数だけ指定して、後で中身を入れているような感じです。

 

何回かお伝えしていますが、配列に何が入るか明確になっていて、配列に直接入れるときに使えるのが「Array」です。

For each文を使うときにArrayを使ったり、Workbook(ファイル)やWorksheets(シート)をなども使ったりできます。

次回はこちらの参考例に関してお伝えしていきます。

The following two tabs change content below.

近藤 舞

フリーランスの事務になります。よろしくお願い致します。

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア