一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

フリーランスを考える上で、身につけておかないといけないのはお金の知識。

会社という後ろ盾がないため、自分で全てをコントロールする必要があります。

この記事ではフリーランスと会社員の税金の違いについて書いていきます。

フリーランスと会社んの税金の違い

会社員の方の手元に残るお金は、すでに税金が引かれた状態の金額です!

収入ー税金=手取り

一方フリーランスの方の税金は、経費などを計上した後、最終的に決まります!

収入ー経費=税金

ですので、「どのようなものが経費で落ちるのか」を考えることは、収入を増やすために必ず必要になってくる考え方です。

これを賢く考えないと、会社員よりも税金が多く引かれることになります。

よく「フリーランスの方は、会社員の2倍ほどの収入があった方がいい」と聞くことがありますが、そうでもありません。うまく経費を計上することで、会社員よりも手元に多くのお金を残すことができるのです。

最後に、税金がかからない順番をまとめると、

経費をうまく計上できるフリーランス → 会社員 → 経費をうまく計上できないフリーランスとなります。

覚えておいて損はないでしょう!

 

 

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア