一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

  • PCI-DSS Ver.4.0のバージョンアップについて(2022/12分記事)

PCI-DSS Ver.4.0のマニュアルは、PCISSCより英語版は2022年3月にリリースされ、
日本語版は6月頃にリリースされておりました。

PCI-SSCはPCI-Security-Standards Councilの略称で、
安全なクレジットカードの取り扱いを目的に、
VISA、MasterCard、American Express、Discover、JCBの、国際カードブランド5社によって設立された組織で、
PCI DSSをはじめとするクレジットカードのセキュリティ基準の策定(さくてい)・管理・運用を行い、信頼できる組織です。

PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)は、 クレジットカード情報および取り引き情報を保護するために2004年12月、JCB・American Express・Discover・マスターカード・VISAの国際ペイメントブランド5社が共同で策定した、クレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準である。

新しいVer.4.0の移行について、2022/4から移行期間に入っており、24か月の移行期間を設けている。

移行期間中はV3.2.1もしくは4.0のいずれを準拠する必要がある。

2024年3月31日にV3.2.1が引退し、以降はV4.0 のみの対応が求められ、2025年4月からはすべてV4.0の要件が扱われる必要がある。

また、未来日付執行要件は1年間の執行余裕期間があり、2025年3月31日までに未来日付要件が有効にする必要がある。

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア