一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

こんにちは!

突然ですが、皆さんはチラシなどを作る際

印刷用紙をどれにしようか困ったことはありませんか?

今回は代表的な印刷用紙の特徴をお伝えいたします(*´∇`*)


印刷用紙は主に上質紙、コート紙、マットコート紙の3つに分類されます

使用用途や表現したい雰囲気などによってオススメが異なるのでサクッと特徴をまとめます!

 

◆上質紙◆

・何も表面加工がされいないので印刷後の筆記に優れている

・安価な紙なので大量印刷が可能で幅広い印刷に向いている

・ただし!滲みやすいので写真やイラストなどのビジュアルがメインの印刷には向いていません

 

◆コート紙◆

・滲まず、色の再現性が高いため写真やイラストが綺麗に印刷される

・表面が加工されているのもあって傷みにくく、長期保存に向いている

・ただし!上質紙よりもコストがかかるので使用用途は狭くなります

 

◆マットコート紙◆

・コート紙よりもツヤ感が落ち着くため、高級感を出したい印刷物に向いている

・上質紙の筆記可能、コート紙の色の再現性の高さ両方の良さを兼ね備えている

・ただし!上質紙、コート紙の中では一番コストがかかります

発色の良さもコート紙と比べると劣るため、画像やイラストが少々安っぽく見えてしまう可能性があります

 

コストをとるのか色の再現性をとるのか、それとも仕上がりをとるのかで印刷用紙の選び方も変わってきますので

よかったら参考にしてみてください(°▽°)

The following two tabs change content below.

齋藤 美穂

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア