一般社団法人 全国個人事業主支援協会

COLUMN コラム

ダイエットにおいて、モチベーション・ワクワク感をキープするために
「自分はこの結果を出せるだろうな」という「結果期待値」
と
「自分はこの行動を起こせるだろうな」という「効力(行動)期待値」
が必要です。

さらに、この期待値を上げるために必要なポイントが4つあります。

・代理経験
・達成経験の積み重ね(勝ち癖)
・言語的説得(承認してもらうこと。ラベリングの法則)
・一時的高揚
です。

 

・言語的説得
これは肯定してもらうことです。

君ならできる、
頑張ればできる
やればできる。
君にも可能性がある、
ポテンシャルを持っている

というように肯定されることで、人間の脳味噌はどんどん新しいことを素直にインストールしてアップデートすることができます。

逆に否定されてしまう、
君は何をやってもできない
何もやる必要はない、
無駄なんだ
やめればいいじゃん

こう言われると人の心は傷付きます。

この心が傷ついた状態だと外から入ってくる情報を拒絶してしまいます。情報のインストールができず脳味噌はいつまでたってもアップデートされません。

だからこそ、言語的説得というものが非常に重要な要素となるのです。

 

・一時的高揚
これは、お酒を飲んでテンションが上がったりパーティーなどでウキウキした感覚になることです。

あくまでも一過性のものなので継続性はありません。

あくまでも息抜き程度でリフレッシュ感覚で生理的一時的高揚を活用していくと非常に心身ともにリフレッシュして働きを良くする作用があります。

 

The following two tabs change content below.

篠原 勇人

最新記事 by 篠原 勇人 (全て見る)

この記事をシェアする

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア